EPA(経済連携協定)とは、他国との貿易の自由化に加え、投資,人の移動,知的財産の保護や競争政策におけるルール作り,様々な分野での協力の要素等を含む,幅広い経済関係の強化を目的とする協定です。
外国人看護師候補者は日本に入国し、関西等で日本語教育を6か月間受け施設に配属されます。
それから三池病院にて就労、教育を受け看護師国家試験合格を目指します。

外国人看護師候補者受入報告

2021年

CUNANAN ANNALLIE ALI (アンナリ)
フィリピン
2018年:入国
2020年:准看護師試験合格
2021年:看護師国家試験合格
     日本語能力試験N2合格を目指す
現 在:三池病院病棟で勤務中

SABUYA ANDREA MAE SABANDO (アンドレア)
フィリピン
2018年:入国
2020年:准看護師試験合格
2021年:看護師国家試験合格
     日本語能力試験N2合格を目指す
現 在:三池病院病棟で勤務中

2018年

GUALBERTO DIANNE MARIE VIDAL(ダイアン)
フィリピン
2015年:入国
2018年:看護師国家試験合格
    准看護師試験合格
2018年:日本語能力試験N2合格
現 在:三池病院病棟で勤務中

2011年

EVI INDARWATI(エフィ)
インドネシア
2008年:入国
2011年:看護師国家試験合格
    日本語能力試験N2合格
現 在:帰国し、日本企業で活躍中